現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

劉少奇と鄧小平と毛沢東

劉少奇と鄧小平と毛沢東、この3人に共通する点はありません。

鄧小平と毛沢東は共に客家(すなわち非宗族階級)出身ですが、宗族集団に対する見方は正反対です。

その底力を認め、宗族の教養や統治能力、その他あらゆる優れた点を吸収することで、非宗族の地位向上を図ったのが鄧小平。

対して、宗族殲滅を企て、それを実行に移したのが毛沢東、己が「皇帝」になるために。


いつも思うのですが、中国共産党の「長征」の道筋をみて、例えば黄巣の乱や太平天国の乱の、反乱軍の移動経路との共通点を、何故専門家を含めて誰も指摘しないのでしょうか。

毛沢東は「流れ者、ならず者」の類で、そもそも毛沢東指揮下の武装集団は、そう言った身分出身者で構成されていたのではないか、そう考えています。


毛沢東は前二者と異なり、留学経験がないです。

共産主義は独学か、少なくとも然るべき水準に達した人物に、体系立てた説明を受けたことがありません。


読者各位は「宗族をある意味で絶滅に追い込んだ中国の歴史的人物」が脳裡に浮かびませんでしょうか。

或いは、「独学でその思想、理論を会得したと称し、時の権力者に挑んだ人物」を思い出しませんでしょうか。

記憶違いでなければ、いずれも毛沢東が評価している歴史的「偉人」です。

(了)
[PR]

by 4kokintou | 2009-01-10 02:26
<< 閑話休題 出た! >>