現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

宋三姉妹

宋嘉樹が総帥を務めた浙江財閥ですが、孫文を資金面で後援していた人物で、あの宋三姉妹の父親です。

三姉妹が有名になり過ぎて息子の影が薄くなっていますが、三男(宋子文、宋子良、宋子安)三女(宋霭龄、宋慶齡、宋美齡)の父親です。

ついでに言えばこのお父さん、キリスト教徒です。

姉妹だけが有名になったのは、その微に入り細に入った閨閥のおかげで、孫文(容共左派、思想家)、蒋介石(右派、政治家)、孔祥熙(経済人)と、よくもまあこれだけ網で覆ったものだと感心させられます。

この宋嘉樹は客家出身、孫文も出自が客家、孔祥熙は孔子の子孫だとでっち上げていますが、嘘は明白、とすれば少なくとも宗族階級ではないです。

この時期はまだ旧宗族同士、客家同士と言った横の関係が重視された時代で、文革にその意義を見出すとすれば、その関係を片っ端から叩き切ったことにあります。

と言う訳で蒋介石は客家と言う結論になるのですが、この推論が当たっていれば、国共内戦と言うのは蒋介石と毛沢東と言う「客家対決」と言うことになります。

そして旧宗族階級は例によって両睨み、それが毛沢東側に傾いた理由がある筈です。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2010-07-11 01:42
<< 国共内戦 孫文と蒋介石が信じた「胡さん」 >>