現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

浮かぶ者、沈む者

小沢一郎民主党元代表に無罪判決、子飼いの陣笠連中を100人以上、二度に亘って引率して訪中し、その都度、相手国の国家元首に引き連れてきた全員と握手させる良識のない人物に関して論評する意思は毛頭ございませんが、その良識のなさを党内遺恨試合に遺憾なく発揮されることを切望する次第です、どうせ来年の衆参同日選挙で跡形もなくなる政党ですから。


周永康政治局常務委員が「党中央と胡錦濤総書記に「忠誠の意を表明」し、恭順の意思を明らかにしたそうですが、この人物は諜報機関、公安、検察及び司法の元締めたる党中央政法委員会の書記ですから、これを機に公安を中心に粛清が始まるか、既に水面下で始まっていると読みます。

公安部門と諜報機関を掌中に収めれば、党中央(胡錦濤政権側)は局面を一層有利に進めることが出来るでしょう。

これで政治局常務委員会で習近平国家副主席の肩を持つ委員は李長春氏だけとなりましたが(賀国強委員は不明ながら、今回の事件の舞台となった、あの泣く子も黙る党中央規律検査委員会の委員長ですから、反胡錦濤派とすれば実権を失っていますし、そうでなければ少なくとも中立的立場にあります)、この人物は温家宝首相との因縁もありますから、党中央も許す気はないですし本人も分かっているでしょう。


胡錦濤総書記とその周辺が、李長春と周永康の両政治局常務委員の追及に躍起になっているのは、両氏がサイバー攻撃部隊を掌握しているからで、世紀の大型上場と言われるフェイスブックのナスダック上場にあたって、横槍を入れられる様では、中国最高権力者としての面子丸潰れですから。

それから特許や商標登録に関する昨今の中国の政策は滅茶苦茶ですが、それらを管轄する陳商務部長の差し金だと思われます。

上海出身でもあり、今や数少ない江沢民一派の牙城です。


ここからは読者各位のお知恵も借りたいのですが、少なくとも共産主義中国建国以前の段階まで、中国人の精神的屋台骨にして社会構造上の支柱の一つが「宗族制度」であったことは疑いの無い事実を思われますが、これは一面に過ぎず、姓など屁とも思わない大きな社会集団(勢力)が一方で存在するのではないか、そう思われてなりません。

先日、全てを失った薄煕来氏の兄とみられる人物が、香港に拠点を構える中国系企業の役職を辞したそうですが、その人物の名は「李学明」、最早どちらが本名か判然としませんが、生まれ持っての姓名は「薄煕永」、ご丁寧に中国の伝統「兄弟は共通の文字を分かち合う」ことまでしています。

この人物に子供が居れば李姓なのか薄姓なのか、江沢民氏の様に姓こそ変わらずとも戸籍を付け替えても中国社会では禁忌に該当しないのか、廖陳雲改め陳雲の息子陳元氏に至っては、如何なる説明が可能なのか、族譜はどうやって辻褄を合わせるのか。

実は香港映画でやたらと(ファーストネームですが)英語風の芸名の俳優が多くて、ブルース・リーの時から不思議に思い続けていました。

英国領であったとはいえ、芸名まで英国受けする代物に変更する必要はあるまい、そもそも英国で香港映画の需要はそんなに多くないしと言うのが正直な印象です。

乾隆帝の時代と今の中国の何が変わったのか、深い検証が必要だと思われます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-04-26 23:21
<< 訪欧、訪露、浙江省、山西省、福建省 カンボジア >>