現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

承前 ~粘着質と言う致命的弱点~

本題に入る前に、まずご理解頂きたいのは、「政治局員以上の地位にたどり着いたものは、勇退後も含めて如何なる犯罪にも問われない」と言う、一種の政治的妥協がある時期以降の中国で成立していたとすれば、その取り決めを決めた当事者を含め、全ての中国人がこれを一時休戦に過ぎないと理解していることです。

おそらく、一連の政争を経て鄧小平と陳雲との間で成り立った手打ちだと思われますが、これで大手を振って悪事に専念出来る陳雲側も呑める提案ですし、鄧小平側も後進を護って育成すると言う点では悪くない取引でした、何せ国家運営を任せられる人材は鄧小平の方に偏っていますから。

一時的休戦ならば、その前に争いがあるべきで、それを中国では文化大革命と呼びますが、その最大の犠牲者たる劉少奇は「国家主席」と「政治局常務委員」の座を一挙に剥奪され失脚しています。

つまり、状況が変化すれば

「国家主席兼政治局常務委員であっても失脚し得る」

訳で、元祖的存在の劉少奇を野垂れ死にさせられた団派からすれば、それに加担した連中は粛清の対象であれ、赦免の余地はありません。

では習近平「国家主席兼政治局常務委員」の場合はどうか、おそらく胡錦濤「長老」との間に次の様な密約が成り立っているのではないでしょうか、どちらも遵守するつもりなど微塵もありませんが。

「党中央紀律検査委員会(王岐山)と国務院(李克強)のすることに習近平は一切口出しさせない、但し汚職容疑等で習近平を摘発することは無いが、一期五年で国家主席や政治局常務委員からは降りて貰う」

こう考えると、習国家主席の言動に合点が行きます。

王岐山政治局常務委員が率いる党中央紀律検査委員会の行動には白紙委任状を与え、李克強総理の(経済緊縮)政策の遂行にも一切口を挟みません。

ですから国家主席殿の主なお仕事は「外遊」と「反日」、新興国に入り浸っているのは利権開拓の側面もありますし、日本を挑発してあわよくば密約を反故にする魂胆です。

習主席が米国型大統領になりつつあると言う、日経新聞(中国総支局)の記事には腰を抜かしましたが、「小組」の類の組織を新設しているのは、既存組織に政治基盤を持っていないことの表れ、一時「干された」毛沢東の「革命小組」方式を真似ているだけで、取り決めに無いことは何をやっても良いと言う態度です。


次に江沢民ですが、意外にも天寿を全うすると思われます。

驚かれる向きも少なくないかと思われますが、江沢民は死んでからの方が「利用価値」が高いのです。

劉少奇は死後に名誉回復されましたが、康生を引き合いに出すまでもなく、死後に名誉失墜する例も少なくありません。

では何故、江沢民の骸に鞭打つ必要があるのか、生前にお縄を頂戴させた方が国民も溜飲を下げるのではないか、それはそうですが、散々悪事を働いた挙句に「勝ち逃げ」の形であの世へ行った「国家主席兼政治局常務委員経験者」が存在します。

もうお分かりですね、劉少奇の仇、毛沢東です。

粘着質の中国人が「雪辱」や「復仇」を諦めると考える方が、遥かに誤った「歴史認識」です。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-07-31 20:41
<< 口開けて はらわた見せる ザク... 序章 >>