現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

半山考

横文字を頻用するのは本意ではないのですが、「アイデンティティ=自分の居場所」が曖昧だと、どうしても負い目を感じるものかもしれません。

その意味で「半山=混血児」はコウモリのような存在で、鳥の所へ行けばお前は獣だと言われ、獣の棲む場所に向かえばお前は鳥だと追い出され、安らぎの場を得ることは出来ません。

ですからどうしても、アイデンティティを「創作」しなければなりませんが、その際、往々にして「負い目、引け目、劣等感」に拠り所を求めてしまいます。


と言う訳で、今回の話題の主は、台湾の馬英九総統。

(おかしいな、以前調べた時は半山扱いだったのに、今は外省人の範疇に入っています)

昨年の地方選挙で惨敗を喫した責任を取って、国民党主席の職を辞した馬英九氏、総統選挙と立法議員(国会議員)のダブル選挙の日程が来年(2016年)1月に設定されたこともあり、完全に死に体なのですが、先日突如として、中国の習近平主席が提唱するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を表明しました。

海峡の両岸で外交音痴が国家元首を務めているのですから頭が痛くなりますが、中国から言えば、台湾は本来固有の領土で、その独立も中国共産党以外の政党による支配も認めていません。

つまり、AIIBへの台湾参加容認は、台湾を国家として遇することを意味しますから、有害無益と言わざるを得ません。

一方の台湾ですが、少なくとも日米が参加の意思を明らかにしていない段階で、率先して参加表明することは、得策ではありません。

では何故、中国は台湾の参加を認め、台湾も参加を申し出たのか、習近平氏も馬英九氏も精神構造は同じです、引け目の裏返しの名誉欲、歴史の己の名を残したいと言う虚栄心です。

習主席は怜悧な団派に、才能の点で劣等感を持っているし、馬氏は国民党保守本流でないことを自覚していますから、どちらも半ば傀儡の様な心理にあり、最高権力者としての実感が持てないと推察されます。

特に馬総統は、国民が親日的であることなどお構いなし、民意を汲めば乗るべき話でないことは明白、それでも強行するのは国民感情なんて糞喰らえだと思っているからです。

馬英九氏はかつて、選挙戦で大勢の聴衆を前にして、自分は「新台湾人」と宣言しましたが、その点に就いては綺麗さっぱり忘れています。

そして民意を無視した今回の独走、その背景には国民主権と民主主義の本質を理解し得ない、「旧中国人」の精神構造があります。

それにしても、習近平氏が最高権力者で良かった、日本にとって煩わしいですが、それだけの愚物ですから。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2015-03-30 21:11
<< テストです 蹇蹇録再考 >>