現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

周章狼狽

今頃、我を忘れているでしょうね、習近平国家主席。

北朝鮮には面子を潰され、と言って春節休暇で身動きが取れず、それでいて国際金融市場に激震が走っていますから、週明けは気が気でないでしょう。


そんなことはお構いなしに、安倍総理は連休中に訪欧の予定、その「ついでに」ロシアも訪問するのですが、欧州歴訪の主旨は「ロシアのサミット実質的復帰」、米国(=オバマ大統領)のご機嫌をうかがっていませんし、安倍総理との仲は疎遠です。

従って、米国の了解を得られるかどうかは不明ですが、その他の参加国には筋を通しておこうと言う腹積もりです。

イタリアは既に対露制裁の見直しを欧州各国に提案していますし、喧嘩していても痛いのはお互い様、欧州とロシアは関係を修復したいのですが、米国に遠慮しています。

ですから「時の氏神」なんですね、安倍総理は。


念には念を入れるとは、このことを言うのでしょうか、ブルームバーグ元ニューヨーク市長が無所属での出馬表明です。

ニューヨークは民主党の金城湯池にしてヒラリー候補の牙城、ここでヒラリー女史と互角に戦えるのはこの人物を措いて他にはいません。

つまりブルームバーグ氏が本当に出馬すれば、民主党が同州(選挙人29名、全米538名)を落とす公算が大きくなり、となればヒラリー候補の勝ち目はなくなります。

そして困ったことに、ブルームバーグ元市長は、過去に民主党から共和党に移籍した経歴の持ち主、獲得した票は共和党に回す公算が大きいのです。

これからヒラリー候補の醜聞が続出し、景気も悪化しますから、与党民主党にはとんでもない逆風が吹くことになります。

(続く)

[PR]

by 4kokintou | 2016-02-09 21:40
<< 粛清 ~唯一の手段~ ロシアの事情 >>