現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

交錯する思惑

相変わらず南朝鮮(韓国)を恫喝する北朝鮮、ミサイル発射や核実験を続けると明言していますが、このままではおそらく4月13日の韓国総選挙では、朴槿恵大統領率いる保守系与党が勝利することになると思われます。

その韓国の通貨ウォンは減価が止まらず、それに伴う外資流出を憂慮せざるを得ない状況にありますが、官民の区別なく借入金は外貨建て、資金逃避もさることながら、ウォン安で返済負担が嵩むことになります。

通貨安による競争力回復よりも、資金繰りの悪化の方が致命的になりかねないのが、韓国の実状です。


事情は中国でも同じ、人民元の値下がりを為替介入で食い止めていますが、お蔭で外貨準備高が激減、月間1,000億ドル程度減りつつあり、最大4兆ドルあった準備高が3.2兆ドルまで落ち込んでいます。

それでも人民元の下落が収まれば良いのですが、モルガン・スタンレーが人民元の予想水準を下方修正する有り様ではそれも難しく、外貨準備の急減が外資流出を加速させている現実は変わりません。

加えて、韓国ほどではないにせよ、中国も借入金の少なからぬ部分が外貨建てですので、人民元の減価は大きな痛手です。


対照的に、順調に好転しつつあるのが日露関係です。

ロシア外相の来日(4月中旬)も内定していますし、昨年10月に来日し安倍総理と会談したドボルコビッチ副首相も、日経の取材に応じ、シベリアの日露共同開発に就いて言及しています。

そのロシアが北朝鮮とも接近しているのは、人民会議議長が訪露し(昨年6月)、親プーチン派の下院議長と面談していることからも明らかです。

日露朝の三角形はその距離を縮めつつあります。

(続く)

[PR]

by 4kokintou | 2016-02-22 21:51
<< 迷走する中国外交 第一書記の咆哮(?) >>