現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

承前

北朝鮮が今だに吼えてくれていますので、4月の韓国総選挙は朴槿恵大統領率いる与党が勝利するとみられます。

米国上院と同じく、韓国議会も全体の六割を確保すれば、与党は少数派の抵抗を排除して法案を上程出来ます。

裏を返せば、それに満たない現状では、野党の合意がなければ法案を提出することすら叶いません。

やはりここは北朝鮮に「暴走」して貰って、保守バネが働く様に仕向けて頂かなければなりません。

日本でも4月に補欠選挙(衆議院)がありますが、自民党が議席を維持するには、牙を剥いている北朝鮮が好ましいですし、韓国で与党保守政党が躍進すれば、それは日本にも波及します。


予想は下手なもので、それをお含みおき頂いたうえで読み続けて下さいませ。


今年の米国大統領選挙ですが、民主党の最有力候補ヒラリー・クリントン女史について考えてみたいと思います。

まずこの人物、選挙に弱いと言う致命的欠点を抱えています。

上院議員に当選していますが、それはニューヨーク州選出だから、同州は民主党の金城湯池ですから誰だって楽勝です。

ですが、全米規模の選挙となると話は変わります。

2008年の大統領選挙でも、ゴールドマン・サックス(GS)の全面支援を得ながら、泡沫候補オバマ氏に苦杯を喫していますし、今年(2016年)も「社会主義者」サンダース候補に手こずっています。

レーガン元大統領は自分の選挙も他人の選挙も強く、オバマ大統領は自分の選挙に関してのみ無敵でしたが、自分の選挙も他人の選挙(上下両院銀選挙)でも弱いヒラリー候補は、民主党陣営として好ましくない選択です。

2008年の選挙戦でも、生まれて初めてハンバーガーショップに行ったのは良いが、居合わせた男性客に「ハンバーガーは食べたことないから、食べ方を教えてよ」を言い放ちました。

しかも女性層の好感度が低く、要は「女性と低所得者層に嫌われ、労組と黒人、それにヒスパニックの支持しか期待出来ない候補」なのです。

ですから、サンダース候補も突き放せないですし、仮に元ニューヨーク市長ブルームバーグ氏が無所属で立候補すれば、おそらく本選では競り負けるでしょう。

因みに、サンダース候補もブルームバーグ氏もユダヤ系、そしてGSはユダヤ系金融機関です。

GSに近いユダヤ系有力者に娘を嫁がせていますが、ヒラリー候補に対する支援に熱意が感じられません。

大統領選挙と併せて上院(定数100名、約3分の1改選)下院(定数435名全員改選)、それに州知事選挙(15州前後)がありますが、ヒラリー女史と民主党が総崩れになるおそれすらあります。

(続く)

[PR]

by 4kokintou | 2016-03-06 21:14
<< もう少し道草してから本題へ 北京発モスクワ経由ワシントン行 >>