現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

日中外交の黒子

黒幕と言うべきか、振付師と称するべきか、兎に角、この人物がいないと日中外交は動きません。


元総理大臣、福田康夫氏です。


中国では3月22日からボアオ・フォーラムが開催されていますが(25日まで)、開幕前日の21日、福田元総理(同フォーラム理事長)は北京の長富宮飯店で梅葆玖氏(京劇の名優梅蘭芳の息子)と再開していました。

因みに長富宮飯店の正式名称は「ホテルニューオータニ長富宮」、密談するのには持って来いの場所です。

その翌日、元総理はボアオに移動していますが、基調演説は「団派の次期領袖」李克強首相、至れり尽くせりですが、今年は習近平国家主席が欠席の模様です。


2008年の胡錦濤国家主席(当時)来日の折、日中両政府は「日中戦略的互恵関係」に関する共同声明を、両首脳(胡主席並びに福田首相)の署名を付して明文化しました。

この両人の付き合いは長く、1978年の「日中平和条約」締結の際、水面下で窓口として擦り合わせ役を担った時期から続く交友関係です。

因みに両国の時の(実質的)首脳は、福田赳夫総理(康夫氏の父)と鄧小平(団派の後見人)です。

話を「戦略的互恵関係」に戻しますと、「戦略的」とは「私的」「非公式」と言う意味、「胡錦濤氏とその思想信条を共有する人間集団」と、「福田康夫とその周辺」との間の「私的非公式約定」であることを含んでいます。

そして「互恵」とは「台頭」「五分の関係」を示すものの、中国人がこの言葉を使う時は「実質的には中国の方が格下」の意です。

留意すべきは、来日の際に胡国家主席が中国側の窓口として指名したのが王岐山氏、あの党中央紀律検査委員会を統べる「鬼の政治局常務委員」です。(当時は政治局員で副首相)

参考までに、「米中戦略対話」を仕切るのも王岐山常務委員、その真意は「頭越しに交渉したら、承知しないぞ」と言うオバマ政権に対する威嚇と警告で、オバマ大統領本人以外の主要閣僚は正しく理解し、習近平(反胡錦濤派)国家主席と距離を置いています。

付言しますと、日中は「関係」、米中は「関係」を結ぶに至らず、そのための「対話」が必要な段階にあります。


「日中戦略的互恵関係」はその後、紆余曲折を辿ります。

まず足を引っ張られた福田康夫総理が退任、後任が引きずり降ろした張本人の麻生太郎氏、「戦略的」関係なんて理解出来る筈もないのですが、中国側は一縷の望みを抱いて王岐山氏を訪日させ麻生総理と会談させていますが、どれだけ理解して貰ったのやら。

政権交代で麻生氏も約1年で退陣、「悪夢の民主党政権の3年間」が始まるのですが、己のみが常に正しいと信じて疑わない愚物(絶対に取り消さない)、岡田克也外相(当時)が政治決着を以ってお蔵入りしていた筈の「毒入り冷凍餃子」の件を蒸し返して胡錦濤指導部を激怒させ、「首脳及び閣僚級交流の全面中断」を決断させるに至りました。

つまり「日中戦略的互恵関係」は棚上げの状態になりました。

安倍内閣が発足し自民系政権が復活し、安倍総理は福田元総理を介して連絡が取れるものの、今度は相手に横槍が入っている、具体的には習近平「反日反胡錦濤」国家主席が障害となっています。

でも徐々に緊張がほぐれつつあることは、習近平氏の権威失墜からも明らかです。

(続く)

[PR]

by 4kokintou | 2016-03-24 22:47
承前 ~習近平の命運~ >>