現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

左翼(=理屈屋)は黙り、馬鹿保守は吼える

左翼も哀れですね、胡錦濤国家主席と己の思想的距離が分からないものですから、頓珍漢なことばかり発言しています。

胡錦濤主席は民主、共産、社民の党首と会談の場を持っていますが、「何で揃いも揃って馬鹿ばかりなんだ」と言うのが、主席の率直な感想だと思います。


馬鹿保守の願いも空しく、東シナ海天然ガス田問題は進展。

本誌のお読みの皆様からすれば、当然でしょうが、馬鹿保守からすれば忌々しくて仕方がありません。

本件については、何と朝日新聞が最も的確な報道をしていますが、これは自分の手柄ではなく、ロイター電を記事にしているだけのことです。

http://www.asahi.com/international/reuters/RTR200805070083.html

とは言え、結果的には最もマシな内容となっています。


各方面の自称論客に言いたいのですが、せめて宮中晩餐会の天皇陛下のご発言や、今回の日中共同声明、首脳会談の内容を吟味してから、意思表示すべきではないですか。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/okotoba-h20-01.html#200507bansan

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/visit/0805_ks.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/visit/0805_sk.html

これらはいずれも珠玉と言って良いほど、濃密な中身を含んだものですが、真意の一端でも誤解なさってますか。


言っても仕方がないのでこれ以上は申しませんが、東シナ海天然ガス田に関する協議が進展していることだけでも、「海軍関係は胡錦濤派が抑えきったな」と理解するのが正しいです。

事実、日中の海軍及び空軍の制服組の最高責任者の相互訪問が、今回決まりました。


ところで、今回の胡錦濤主席訪日には、当然ながら多くの随行員が同行していますが、その中で一人、徹底追跡するとすれば、誰を対象にしますでしょうか。

主席以外なら、この人物に焦点を当てたいです。


中国共産党中央書記処書記 王滬寧氏

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2008-05-08 17:02
<< 書記局 胡錦濤の奥さん >>