現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


鬼子復活

そこまで追い込んだのはまさに自業自得ですが、小誌は生半可な体調や頭の働き具合では手に負えない代物になっておりますので、なるべく頑張りますが、この先も再三再四、入稿が途切れ途切れになるかも知れませんが、格段のご海容の程を。


http://japanese.cri.cn/881/2009/10/29/1s149386.htm
李克強副首相、南太平洋3カ国を訪問へ

http://j.people.com.cn/94474/6792246.html
李克強副総理、中米クリーンエネルギーフォーラムに出席

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091030AT2M3004830102009.html
中国の李副首相、豪首相と会談 FTA早期妥結へ意見交換


中国共産主義青年団(共青団)の次代のホープ、漸く胎動と言った所でしょうか。

最初に記事によれば、外遊が正式発表になったのは10月下旬、小誌の見方が正しければ「胡錦濤対反胡錦濤」の権力闘争に決着がついた後です。

それまで李克強副首相は裏方に徹していたのか、一部で囁かれている様に力量不足なのかは判然としませんが、表舞台に出てきたことで「一次試験は合格」なのでしょう。


体調の悪い間、劉備と諸葛孔明のことを考えていました。

日本でも曹操より劉備の方が人気が高いですが、それは敗走する時に馬車の速度を上げるために同乗していた子供(勿論、劉備が実のお父ちゃん)を次々と投げ捨てる話を知っていれば、醒めると思います。(中国人はどうか分からないけれど、「孝」なんでしょうね)

孔明もそれを聴いて、劉備と袂を分かったとは聞いたことがないので、倫理的な大罪でないのは確かです。

そう言えば、温家宝総理が訪朝時、毛沢東の息子も其処に眠っている現地の墓地に参拝しているけれど、その息子はおそらく毛沢東から愛されていなかった、「一族を前線に派遣しないと示しがつかないし、死んだら士気高揚の契機になる」くらいの存在ではなかったのではないでしょうか。

それにしても、諸葛孔明、何で中国人の間で人気があるんでしょうか。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-31 08:46

何やってんだ、習近平のお坊ちゃん

http://j.people.com.cn/94474/6778174.html
習近平国家副主席、バローゾ欧州委員長と会談

http://j.people.com.cn/94474/6778169.html
習近平国家副主席、ベルギー国王と会談

http://japanese.beijingreview.com.cn/zxnew/txt/2009-10/13/content_223780.htm
習近平副主席、ドイツのメルケル首相と会談


この後、ブルガリアにも立寄っているみたいですが、最初は「亡命」かと思いました。

単に「箔を付ける」歴訪でしょうが、日本も中国も「お坊ちゃん」には手を焼かされますね、「岡田外相、アフガニスタン電撃訪問」って、相手側の迷惑も考えないで何やっているのか、坊ちゃん左翼外務大臣と面談しているどころの騒ぎではないです、現地は。


http://japanese.beijingreview.com.cn/zxnew/txt/2009-09/29/content_220607.htm
楊潔チ外交部長が中日韓外相会談を主宰

岡田外相がどれだけ「高く」評価されているかを示す格好の証拠です。


岡田君にも分かるように説明しますと、中国の外交政策決定の手続きは、

温家宝首相>(李克強筆頭副首相)>王岐山副首相>戴秉国国務委員>楊外相

つまり最低の評価を受けています。


因みに胡錦濤国家主席が来日した際、「盟友」福田康夫総理(当時)に対し、日本に関する中国側の窓口として挙げた名前が王岐山副首相で、麻生政権時の中曽根外相が訪中した時の相手は戴秉国国務委員でした。

日中関係、一からやり直しですが、その認識すら欠いていると思われる坊ちゃん左翼外相です。


最後に一寸気になる記事。

http://japanese.beijingreview.com.cn/zxnew/txt/2009-09/23/content_218734.htm
中国、「東突取締まりは国際テロ対策の重要な一部分」

記憶違いでなければ、「東突」を使う際は余程神経を使う筈で、事実上ご法度になっていた印象があるのですが。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-16 00:29

岡田屋の御曹司

イオンって最初は岡田屋って言いました、確か。

あの公害都市(?)四日市に本店があった筈です。

そんなことはどうでも良いですが、鳩ポッポも岡田屋の馬鹿息子も、特に対中外交に対して定見がないことを、自ら暴露させて何ら痛痒を感じないのですから、日本の旧帝国大学は親が金持ちなら馬鹿でも入れるのか、入る場所を間違っているだろう、漢字の読めない前宰相が卒業した(学習院)大学がお似合いだろうと、思わず雲の上にまで喧嘩を売ってしまいそうな言葉が思い浮かびます。

悪いけど、鳩ポッポも馬鹿息子も「江沢民史観」に留まっています、今は違う、「胡錦濤史観」。

でもこっちの方が本当は厳しいのです、まさに「秋霜烈日」、鳩ポッポ的「友愛」なんて生易しいものではありません。


しかし、使っている本人が友愛の意味を分かっているのねと訝しく思っていましたら、流石は当てこすりの達人、きっちり嫌味を言ってくれています。


http://j.people.com.cn/94474/6778337.html
中日関係に「友愛」は可能か?

煩瑣を厭わず記事から引用すると、


鳩山氏の「友愛」思想は、オーストリアの政治学者クーデンホフ・カレルギーの「友愛論」が原点だ。


そうで、肝心の鳩ポッポ総理が件の政治学者の「友愛論」の本質を咀嚼しているかどうかはともかく、敢えて持ち出すことで、「友愛思想の真髄を会得して提唱しているんだろうな」と言っている訳です、人が悪い。

友愛が歴史に初めて登場するのは、フランス革命であることを、総理は認識していないです、それ位、薄っぺらな理解です。

友愛を掲げたフランス革命がもたらしたもの、それはギロチンで、それを更に凄惨なものにしたのが文化大革命だと講釈しても、相手が鳩だから(決して宇宙人ではありません、そんなに賢くない)豆鉄砲を喰らった様な顔をするのが精一杯でしょう。

ですから「友愛」は中国全土の至る所にありました、流血を伴いながら。


それからこの記事、

鳩山氏の「友愛外交」が、もし上述の通り、安倍元首相以来、自民党政権が推し進めてきた価値観外交の悪循環から脱することができたなら、とりわけ、自民党が冷戦思考を背景に形成してきた対中外交の制限を克服することができたなら、(以下略)

まず小泉純一郎はどうしたとの「つっこみ」はさておいて、安倍元総理の次の福田康夫総理の時に、胡錦濤国家主席が来日して「戦略的互恵関係」を結んだことにそ知らぬ顔をして、鳩ポッポの外交感覚を試しています。

ですから少し旧聞に属しますが、阿呆じゃなくて麻生前総理に、頻りに「戦略的互恵関係」を確かめていたのは、阿呆へのお説教であると共に、次の鳩ポッポへの秘かな訴えでもあったと、今となれば理解出来ます。


http://j.people.com.cn/94476/6674006.html
中日関係は戦略的互恵が軸

http://japanese.beijingreview.com.cn/ztjl/txt/2009-06/09/content_200184.htm
中日関係の軸は「戦略的互恵」


最後に、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞について一言。

「自作自演の三文芝居」

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-09 22:40

将軍様も手ぶら

今回の中朝首脳会談、痛み分けとも言えますが、同じ痛みならば体力の無い方に響きます。

北朝鮮の将軍様も、温家宝総理から何の手土産も貰えませんでした。

将軍様の欲しい手土産は唯一つ、「後継者の承認」です。


大国にして隣国、しかも表面上は唯一の同盟国である中国の了解がなければ、後継者を指名しても意味がありません。

後継者の名前を挙げて公言したところで、(形式上とは言え)親分の中国から「わしゃ、そんな奴、知らん」と言われれば、それでお陀仏。

中国政府首脳と会えない、或いは面識もない北朝鮮の最高指導者を想像することは、不可能な仮定です。

中国政府も人が悪いです。

わざわざ首相自らが北朝鮮に足を運んでおきながら、「後継者」には会わずじまい、これでは将軍様も中国の言うことに首を縦に振ることは出来ません。


「内憂外患」と言いますが、内憂の方は上海(江沢民一派)を含む反胡錦濤諸勢力を一網打尽にしつつある今、解消されつつあると言っても差し支えありませんが、外患の方がまだまだ厄介です。

八方塞のオバマ米国政権は中国に対して通商戦争を仕掛けて得点を稼ごうとしていますし、かつての「東洋鬼」は「東洋馬鹿」に成り果てまして、岡田某なる外相を称する輩が「東アジア共同体」をぶち上げるし、迷惑千万とはこのこと、豪州やニュージーランドを含め、誰が「東洋鬼」と「運命共同体」を形成できますか。

「お坊ちゃん反米左翼」は気楽で良いです、己の尻拭い、したことないでしょうから。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-08 21:11

お互い計算済み

今日(10月6日)まで北朝鮮を訪問していた温家宝首相、所謂「手ぶら」での帰国を余儀なくされた模様ですが、これは中国指導部にとって計算済みと言いますか、織り込み済みと言いますか、今回は「訪朝」そのものに意義があります。

親分格の同盟国たる中国が、首相まで派遣しているのに、北朝鮮が説得に応じないことを、国際世論に印象付けている訳で、「これだけ誠意を尽くしても言うことを聞かない北朝鮮に、中国が愛想を尽かしても仕方ない」と言う雰囲気を醸成させつつあります。


対する北朝鮮も、核施設の廃絶はおろか、六カ国協議復帰にも応じなかったのは、ある意味当然で、舞台裏では「胡錦濤国家主席の訪朝が先だ」くらいは言っている筈です。

兎に角、無理難題を投げつけて言質を取らせないことに徹しています。

ここで折れたら、「仲間」から見限られてしまいます。

江沢民勢力もそうですが、イランやシリア、そしてロシアの武器証人、そしてその後ろ盾の「ごーるどまん・さっくす」にも愛想を尽かされます。


そのGSが後見役を果たしているオバマ大統領、米国滞在中のダライ・ラマ14世と面談せず、11月の訪中後に会見の場を持つと言っていますが、おそらく反故にするでしょう。

ブッシュ前大統領がダライ・ラマと会談した際、中国政府は激怒しましたが、それはあくまで体面上の問題で、「筋を通していた」から結局は容認したのです。

しかし反中政策、厳密には「反胡錦濤」政策を推進するオバマ政権に、中国側は容赦ありません。

ダライ・ラマを政争の具に使うと言うのなら、「その喧嘩、高く買いましょう」が現執行部の基本的姿勢です。

ですから「筋が通せない」オバマ大統領は下手にダライ・ラマと会えませんし、そもそもダライ・ラマは「共和党系、胡錦濤系」の人物ですから、会う気はありません。

それにしてもオバマって内政も外交も馬鹿丸出しです。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-06 23:40

興味津々の中国、無視する日本

人間と呼ばれる生き物は、時として思いとは裏腹の言葉を吐く特徴がありまして、砂の様に脆いから「団結」を訴え、関心を持たざるを得ないから「反日」を叫ぶことになります。

日本人だって、米国の動向、一挙手一投足に気遣っているからこそ、大量の「反米」記事を流す訳で、「米国没落論」に至っては、米国が大国として存在し続けることを逆説的に証明しています。

それに引き換え、国内各報道機関の中国に対する関心の薄いこと、どんなに取り繕っても中国関係の記事の分量の少なさは隠すことができません。

対して、中国(それに韓国)は我が国に対して興味津々でして、人民網日本語版のホームページの右下に、「中国のおける日本企業」と言う欄があって、それだけで国内企業の消長が分かると言うものです。

人民網日本語版
http://j.people.com.cn/


朝日新聞やNHKの中国語版ホームページ(そもそも存在するかどうかも存じ上げませんが)が、これだけ中国の現実を追跡しているとは思えないのですが。

ですから、ミスドが上海に出店したり、日立の新キャラクターが「獏」だったり、三菱自動車がランサーの一部をリコールしたり、邦字紙のホームページよりも速く正確だったりします。

それだけ関心が強いと言うことですが、この記事は政治的意味合いも含んでいます。


http://j.people.com.cn/94476/6761823.html
日立、蘇寧と独占販売契約 国美とは「決別」

要は江沢民に近い国美に見切りをつけたと言うことで、お上(この場合は北京)のご意向に沿ったと言うべきでしょう。

こうやって上海を切り崩していきます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-04 21:52

仕上げの段階 ~対北朝鮮外交~

内心震えているのではないでしょうか、北朝鮮の将軍様。

あれだけの軍事パレードを見せ付けられ、と言うことはそれらの兵器が平壌からあまり離れていない北京とその周辺に、相当数残っている筈で、その状況下で温家宝首相と対峙するのですから。


http://japanese.beijingreview.com.cn/zxnew/txt/2009-09/29/content_220605.htm
温家宝総理が10月4日から訪朝

国慶節休暇は10月1日から一週間の筈ですが、政治家に休息は無し、日曜日の10月4日にピョンヤンに乗り込みます。

上海の連中(江沢民一派)を叩いた今、胡錦濤国家主席率いる現指導部の課題は、内にあっては反胡錦濤の粛清、具体的には呉邦国全国人民代表大会委員長、習近平国家副主席、李長春政治局員らが左遷され、外にあっては北朝鮮への締め付けがより強まると思われます。


それにしても鳩ポッポと御曹司岡田のコンビが真剣に言っている「東アジア共同体」構想、聞かされた胡錦濤主席(温家宝首相もでしたっけ)、腸の煮えくり返る思いだったと思います。

誰でも分かっています、この連中の発言が思い付きで、机上の空論で、空想の産物で、頭の中で描いただけの絵図で、現実と歴史に全く立脚していないことを。

日清戦争以降太平洋戦争の終結まで、中国をボコボコに殴っておいて、その後も敗戦国なのに大国の仲間入りを果たし、何事にも「世界最高」を満喫する日本。

その日本を共同体を作るなんて言い出したら、一瞬で失脚ですよ、感情と思い遣りの無い、思い上がった輩のみが出来る、「神経を逆撫でする」行為です。

だからこんな評価しかもらえません。


http://japanese.beijingreview.com.cn/gjpl/txt/2009-09/21/content_217521.htm
鳩山新首相が国際会議のため訪米、「顔見世」が重要任務

福田康夫元総理が訪中したら、それがたとえ女遊びでも、こんな書き方はしません。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-04 02:28

度胸満点

江沢民なんて弾除けにも値しないとばかりに、自動車(装甲車?)に乗ってその身体を外に晒した胡錦濤国家主席、選りによって軍列の前を通過するのですから大した度胸です。

心なしか顔面蒼白の様に見受けられましたが、これが影武者ではなく本人だとしたら度胸満点ですし、臆病者の江沢民氏とは文字通り「勝負あり」です。


軍事パレードをおどろおどろしく解説する現地特派員各位には申し訳ないですが、纏めて馬鹿です。

諸兄が日本人以外なら少しは恐怖して構いませんが、怖いものですか、現政権にとって仮想敵国でないのですから。


日本のことに触れる前に、一言言わせて貰えば、何かと言うと「台湾上陸作戦用の新兵器」との解説ばかりでしたが、「東アジア共同体」などと言う、中国も台湾も韓国も北朝鮮もひきつけを起こしかねない「机上の空論」を弄んでいる首相や外相で満足しているから、そんな通り一遍の説明で事足りる訳で、地図を観れば一目瞭然、山東半島や遼東半島が眼前に突き出ている、平壌に住んでいる将軍様、今頃、口から泡を吹いて倒れていても不思議ではありません。

平壌からすれば、陸海空の攻撃の内、多少なりとも持ちこたえられるとすれば、中朝国境を越えての中国人民解放軍による陸上攻撃でしょう。

その対抗策として空軍による特攻攻撃を特訓しているのですから。

北朝鮮の海軍が時々、黄海沿岸で騒ぎを起こしているのは、軍隊の中で最も待遇が悪いから食べるためでもありますが、中国海軍の備えのつもりです。

それがあっという間に蹴散らされたら、海岸から平壌までは短距離かつ無防備です。

水陸両用車両の映像のあたりで、将軍様の血圧は最高潮に達したと思います。


日本ですか、ミサイルの射程距離内にあることと、「仮想敵国」であることは別の話です。

戦前の日本は米国を仮想敵国としていましたが、日本帝国海軍の艦船は米国本土までたどり着ける能力がありませんでした。

それでも最上級の仮想敵国でした。

逆もまた真なり。

米国の主要同盟国としての日本の地位を認めながら、「日中運命共同体」を築こうとしているのです、北京の現政権は。

しかも北京が東京を庇護する形で、楯となって。

鳩ポッポもイオンの馬鹿御曹司も、あんな幼稚なマニュフェスト、実行しない様に、特に外交と経済については。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-02 21:56

宗族劣等感

あれ、見間違いかな、上海にいる筈なのに思っていたら、やっぱり「大御所」こと江沢民様でいらっしゃいましたか。

お便りのお蔭で、己が老眼で無いことを確認できたのが、最大の収穫でした(苦笑)。

「老醜」の一言に尽きますね。


胡錦濤国家主席も確信犯ですね、人が悪いです。

目立ちたがりで威張りたがりの江沢民氏の性格が分かっているから、その見苦しい姿を人前に晒すように仕向けています、太っ腹な所をみせるふりをして。

旧宗族階級でもないうえに、戸籍も偽っている江沢民氏としては、胡錦濤主席の様な「サラブレッド」には劣等感を持っている筈です。


中国は宗族社会と言いながら、戸籍を偽ったり姓そのものを変更したりする場合が見受けられます。

確か江青(芸名)は李姓で、ご存知陳雲は廖陳雲ですし、江青は四人組裁判の際、「江青(つまり芸名)」で被告席にいた記憶があります。

そう言えば李鵬も周恩来の「養子」らしいですから、それなら姓は「周」の筈。


五大十国の時代、「義子」と言う制度があって、血は繋がっていないけれど同姓を与える習慣がありました。

ですから異民族系の人物の「義子」に中国人がなったり、逆の場合すらあったみたいです(例によって宮崎史観の受け売り)。


話を戻しますが、胡国家主席からみて、江沢民の利用価値が一つだけありました。

「弾除け」、手榴弾投げ込まれたり、機関銃乱射されないための保険。

これなら説明がつきます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2009-10-01 20:24