現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


フラフラになった鉄道省

お便りにもありましたが、思わず知らず旧国鉄を想起してしまいましたが、実は脳裡に浮かんだ二番目が今のJRで、真先に頭を過ぎったのは例の「SARS騒動」でした。

あの時は隠蔽に隠蔽を重ねた、俗に「江沢民の御典医」と呼ばれた保健大臣(保健部長)が罷免されましたが、まだあの場合は病原菌と言う、素人目には分りづらいものでしたが、今回は衆人環視の状況下で事故を起こし最悪の隠蔽工作を、結果的に公開実演すると言う、中国人から「江沢民的部分」を抜き取るのは無理なのかとさえ考え込んでしまうに充分な出来事でした。


結局は「植民地根性」の有無、或いは多寡がその国の命運に大きな影響を及ぼしているのではないでしょうか。

植民地、或いは半植民地化された、悔しい、其処までは分かります。

問題は次の一歩なのです。

物故された京大教授会田雄次氏(お名前が間違っていたら多謝)の名著「アーロン収容所」において、著者も記していますが英国人はアジア人を人間扱いしていない、まだ戦った日本人に対しては少々思うことがあるみたいだが、インド人やビルマ人(当時)なんて存在しないかのように振る舞い、植民地人も英国人には全く頭が上がらない様子で媚びたりします。

おそらく現地で英国人に深刻な劣等感に捉われなかったのは、日本人捕虜とグルカ兵だけだったと思われます。

日本人捕虜からすれば負けたとは言え、一時はコヒマを占領してインパール作戦は半ば成功に至り、英国側は東インドに殺到する日本軍に備えるのに躍起だった程ですから、「勝ち負け」の観点で考えますが、インド人は長年の習慣で「ご主人様と召使」の思考習慣が見について離れません。

それでも西洋人特に英国人に対して卑屈になりながらも「日本」をお手本に出来たインドは救われます。

日印の海軍は昵懇だそうですが、これはインドの日本に対する敬意の念と、知らず知らずの内の「皇民化」が功を奏したのだと思われます。


それに引き換え中国は、国家に加わる遠心力と言う点ではインドの方が厳しいにもかかわらず、方や共産主義一党独裁、他方は世界最大の民主主義国家へと、それぞれ異なる道を選択しましたが、公言して殺される心配のない唯一の言葉がいまだに「反日」では思いやられます。

「小日本」を連呼して気を良くしたのでしょう、当時の江沢民国家主席殿は香港返還に際し、実質的な宗主国とも言うべき英国に対して無礼な態度で臨み、上海市場崩壊寸前と言うしっぺ返しを喰らいました。

インドが日本との関係を深めることで、自信を深めて欧州に対する負い目を払拭しつつあるのに対し、中国は「媚英反日」の内弁慶、教育そっちのけで革命の続きをやり始め、挙句の果てに残ったのは「反日」と「拝金主義」、そして「地域別」、「事業別」、「民族別」群雄割拠です。


鉄道省の生い立ちを振り返れば、ここが中国陸軍の「縄張り」であり「天下り先」であることが分ります。

つまり今回の事故を契機に、党中央と在野最大の利権集団たる陸軍が、具体的には胡国家主席と習氏の「嫁はん」が激突することなるやも知れません。


しかし、誰も指摘しないけれど、「あんなど田舎でなんで高架鉄道なんだ?」

答は当然、「地面を走らせるより費用がかかり、賄賂も美味しくなるから」

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-31 12:25

フラフラになって帰還

夏バテを口実にした己の「江沢民的部分」が「胡錦濤的部分」を圧倒、駆逐してしまいまして、これでは駄目だと猛省しています。

猛省と言えば、中国の鉄道関係者は自身の「江沢民的部分」が今回の中国版新幹線事故について全く反省していない模様で、江沢民時代を髣髴とさせる隠蔽と情報統制を披露してくれました。

不明を恥じつつ申し上げれば、あれだけ無茶苦茶な新幹線網全土網羅計画があるとは知らず、主だった要人に利権を切り分けたらこうなったと言う訳で、これだけ美味しい利権も珍しい、そりゃ鉄道権益を握っているとその旨みは堪えられないなと言うのが率直な感想です。

仕様がバラバラなのは横の連絡がない証拠で、鉄道省最高幹部が江沢民閣下の指示通りに分配して行ったらこうなっちゃったと言う、絶対に後世に禍根を残す愚行をやってのけてくれました。

次期政権の最高首脳が、今の胡錦濤国家主席並みのまともな神経の持ち主であれば、新幹線計画を即座に中断し、既存の部分も含めて「北京~大連」規格、つまり日本の規格に統一することになりますが、胡主席には大いに同情しつつも、そんな「高度な」技を今の中国に求めるのは無理と言うものです。


鉄道事故に比べれば扱いが非常に小さいですが、中国史上最大の汚職事件と言われる「アモイ事件」の首謀者(?)頼昌星氏がカナダから送還されるそうです。

これも不明にしてアモイ事件の詳細は存じ上げませんが、頼氏は江沢民氏や賀氏と昵懇だったそうで、その人物を12年も匿ったカナダ政府も、現地中国系住民を通じて結構な物を頂戴する、ずぶずぶの関係だったことがうかがい知れます。

この人物が誰の手に落ちるのか、おそらく北京(胡国家主席側)が回収することになるのでしょうが、この報道と前後して、今年10月の中国共産党第17期第6回全体会議の開催が決定されたのは偶然かと言えば、そんなことが有り得るのは「非ユークリッド政治学」の日本だけです。

8月から9月にかけての暗闘はちょっとした見物です、不躾ながら今回の鉄道事故も北京にとってはある意味「追い風」ですし、副国家主席殿の縄張りたる温州で事故が発生したのも何かの因縁でしょうか。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-26 00:45

海軍を信用しない胡錦濤

胡錦濤国家主席とその周囲は、自派に寝返ったとはいえ、現在の自国の海軍を信用していないと思われます。

寝返るに当たっての「おねだり」が過ぎた感があります。

空母を持たせろだの、東シナ海と南シナ海で暴れさせろだの、海底油田を掘らせろだの、党中央に言い分を呑ませ過ぎた感があります。

「彭麗媛」少将率いる陸軍を牽制し取り込む意味で厚遇はやむを得ないのですが、ものには限度と言うものがあります。

今、中国沿岸で中国海洋石油と言う企業が海底油田の採掘を試みていますが悉く失敗、それどころか試削の際の事故が多発しているとか。

コノコフィリップスと合弁しながらこの体たらく、言い訳の仕様がありませんが、(おそらく)海軍幹部が涼しい顔をしているのは、これらの採掘失敗や事故は故意によるもので、要は「次の予算を下さい」と言う訳で、予算=自分の懐に入れる裏金をねだっているのだと思われます。

そしてこの種の遣り口ほど、胡国家主席の逆鱗に触れるものはありません。


一部の読者はお気付きだと拝察しますが、彭麗媛少将の経歴を見る限り、容姿容貌で人民解放軍の文芸兵になれても、その4年後の22歳で中国共産党への入党が叶うことを意味する訳ではありません。

分かりやすく言えば遅くともその時点で、強力な後ろ盾を得ていて、それはつまり今の亭主以外の誰かの愛人、すなわち情夫がいて、その人物は仮に生きているとすれば、少将との関係は今も続いていることになります。

つまり「本籍はその情夫、現住所が習近平」と言うのが少将の立場で、毛沢東の嫁の江青も女優でしたが、
江青は亭主と間男をこれ程器用に使い分けませんでした。

その点、少将殿は図太いし、習のお坊ちゃんは哀れですが、引け目や負い目を強く持つ人物は、それを隠そうとして居丈高に出ます。

それにしても誰だったのでしょうか(或いは誰なのでしょうか)、その情夫。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-13 00:42

半植民地化の呪縛

帝国主義華やかなりし頃の列強によって植民地化されたり、その一歩手前の半植民地化の運命をたどった国々が抱えることになった「不治の病」の一つに、「常識の欠落、知的水準の低下」が挙げられると思われます。

丁度良い例が東南アジアの親日国タイで、英仏に挟まれて中立を強制されたものの、組織としての国家を維持出来たから太平洋戦争開戦時に日本とも中立条約を結んでいたから、戦時を通して中立を保ち、敗戦国になることを免れました。

しかも他ならぬ敗戦国日本から学び、長い時間をかけて英邁にして国宝的国家元首たるプミポン国王と共に、「国家の象徴」並びに「国民統合の象徴」を確立するに至りました。

曲がりなりにも国家としての体裁を保てたことが、その後に(広い意味での)自分流の教育政策を遂行し、少なくとも他国の教育政策を強制されずに済みました。


「魚は頭から腐る」と言いますが、これは日本やタイ、トルコと言った間一髪で悲劇を免れた国家しか抱えられない「上等な悩み」で、半植民地化或いは植民地化の憂き目に遭った国々は「最初から頭が腐っていて、しかも中枢ほど腐敗の色が濃い」のです。

一部ご指摘にもありましたが、中国海軍はウクライナを師匠と仰ぎ空母を改修、更には空母の国産化にも踏み切ったとの由ですが、なぜウクライナかと言えばこことの取引が最も「美味しかった」からで、造船思想の観点は全く考慮されていません。

旧ソ連時代に黒海艦隊を保有していたウクライナですが、その任務は黒海の制海権確保で、地中海制覇は夢物語、ダーダネルス海峡制圧も怪しいものです。

対して中国海軍の野望は太平洋への進出、その前提として南シナ海の確保がある訳ですが、戦略目標が後者で留まるならば、米国を除けば最強海軍国日本の敵ではありませんし、太平洋への本格進出を目論むならば、黒海みたいな「湖」から出たこともないウクライナの建造思想を教わっても何の役にも立ちません。

結局、上海閥に近く旧ソ連を「縄張り」とする呉邦国全国人民代表大会委員長の意向が働いたと考えられますが、その鶴の一声がどれだけ中国を益したか、或いは損なったか、贅言を要しません。


小誌が称するところの「胡錦濤革命」には「民度の向上」も含まれていると思われます。

植民地化された台湾が軌跡の発展を遂げて自立出来ている理由は、皮肉にも日本の植民地になったことで、日本の教育水準を押し付けられたことがその土台になっています。

インドだって停滞期が長かったですが、それでも世界最大の民主主義国家であり続けた一因は、日本を手本にしたことがあります。

反日の雄韓国すら、飛躍している部分は日本が植民地時代に手掛けた分野が多いです。

少なくとも文化大革命と言う愚挙を起すほど、これらの国々は馬鹿ではありませんし、文革は奪権闘争と言う名の利権争奪戦の側面もあります。


それにしても大英帝国も罪なことをしたものです。

香港と上海と言う、心臓に届く穴を開けました。

お蔭で中国は常に様々な毒が体内を駆け巡り、その毒を蜜と感じる輩は常にこれらへと集まります。

帝国主義国家の立派な手本と誉めるべきでしょう。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-12 03:58

総捲り ~承前~

中国 重慶市トップ風刺で1年間の労働教育処分
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110606/chn11060623290004-n1.htm


重慶市の党書記は前商務大臣の薄熙来氏、因みに父親は薄一波元副首相(故人)。

太子党と言っても色々とあるようで、胡錦濤国家主席の改革路線に擦り寄りながら立身出世を望んでいるのが薄熙来氏ならば、「守旧派」の期待を一身に背負っているのが習近平国家副主席殿と言うところでしょうか。

ですが薄熙来氏の改革路線(裏社会摘発を含む)はそれに心服してのものではなく、打算に基づくものですので、つまらぬことで化けの皮が剥がれてしまいます。

胡国家主席はどちらも登用する意思はありません。


中国 民間反腐敗サイトが出現、腐敗告白が続々
http://japanese.beijingreview.com.cn/sh/txt/2011-06/14/content_367187.htm


中国ではこのような場合、まず「官製」サイトが出現し、その存在が報道されて当局の「お墨付き」が出されることになります。

つまりこの記事は「どんどん汚職と腐敗を摘発してくれ、身の安全は保証する」との意思表示で、上述の習近平氏も薄熙来氏も当然、攻撃の対象になっていると思われます。

もっと踏み込んで言えば、「間もなく大物を汚職及び腐敗で摘発する」との意味も含んでいるかも知れません。


中共が中東情勢変動の覆轍を踏むことはない
http://j.people.com.cn/94474/7420323.html


その通りで、ソ連解体に象徴される「和平演変」とは事情が異なります。

当時の中国は鄧小平氏を中心とする「漸進主義者」が党中央を固めていましたが、陳雲こと廖陳雲に象徴される「既得権益守旧派」が民主主義の仮面を被った煽動の専門家を起用し、これに乗せられた学生や若者を大量動員して「民主主義革命」前夜の雰囲気を醸し出すことで、党中央すなわち鄧小平にこれを弾圧させることで「漸進主義」の息の根を止めながら、傀儡の江沢民を総書記として送り込むことで党中央を乗っ取ろうとしたのが「和平演変」の真相と思われます。

今回、陳雲に相当する人物は存在しませんし、繋ぎ役に徹した、換言すれば「本命」ではなかった鄧小平氏ではなく、「本命中の本命」胡錦濤氏が党中央を制しています。

当時の上海派の首領は陳雲氏と思われますが、おそらく少数民族出身ですから、こちらも傀儡で我慢するしかなかった、これが脛に傷を持つどころでない江沢民「大出世」の真相と考えられます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-09 00:40

中朝韓、総捲り

2018年の冬季五輪開催地に南朝鮮(=韓国、くどいと言われてもこれでも自称保守です)が選ばれたそうで、心よりお慶び申し上げますが、「それまで韓国経済が潰れずに持ちこたえられるの」と言うのが小誌の率直な感想です。


今回は南北朝鮮も含めて関連情報について言及したいと思います。


北朝鮮:金総書記の動静報道、18日間の空白
http://mainichi.jp/select/world/news/20110702k0000m030051000c.html


これまで幾度、将軍様の死亡説と重病説が流れたか、この記事の執筆者はとんとご存じないらしいです。

少なくとも健康が優れない高齢者がお召し列車と言う、日本の最新各駅停車車両より確実に乗り心地が悪い乗り物に長期間揺られながら中国のあちこちを転々とした挙句、何の成果もないどころか相手の言い分だけを呑まされて帰らざるを得なかったのですから、精神的にも体力的にも暫く何もする気にならないでしょうし、別に動静を海外に伝える義務もないのですから、不貞寝しているに決まっています。

江沢民氏ではありませんが、健康に何らかの変化があれば、東アジア各国は放っておいても神経を尖らせることになりますから、上述の様な悠長な記事を書いている暇などありません。


中国、北朝鮮麻薬48億円分押収=国家ぐるみで製造か-韓国紙
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011070500210


かねてより読者各位からご指摘頂いています様に、「韓国発」情報は眉唾なのですが、この記事が問わず語りに教えてくれているのは、中国は阿片を含む麻薬を根絶出来ていないと言う現実です。

とすると中国国内にはまだ「麻薬利権」が存在し、ベトナム戦争では米軍と言う「お得意様」がいましたが、米軍が撤退して以降、これを上回る得意客は周囲に存在しませんでした。

ドルで麻薬を買ってくれる有り難い上客が忽然といなくなる、他方、利権は常に既得権益化しますから、麻薬の製造や原料の栽培は止めましょうと言っても、既得権益を保持する側が従う訳がありません。

海外進出するといっても、最大消費国たる米国に上陸する訳に行きませんし、勢い販路は国内に求めるしかありません。

供給する側はそれで良いとして、受け入れ先はと言えば、裏社会もその一部でしょうが、圧倒的規模を持つ集団と言えば、それは人民解放軍しかありません。

ですから、これも別紙で読者からご教示頂きましたが、建国以来の共産主義中国にとっても裏の主役は「麻薬」と考えざるを得ません。

この麻薬利権の経路と、江沢民氏や副国家主席殿の利権の構図が重なるのではないか、そう考える次第です。


米アップルが韓国サムスン電子提訴、特許侵害などで
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-20697020110419

アップルとサムスン電子の特許係争激化、互いにITCにも提訴
http://news.braina.com/2011/0707/judge_20110707_002____.html

サムスン電子は第2四半期営業益26%減を予想、スマホは好調
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22079220110707

韓国でスマホ販促激化、フェラーリや地中海クルーズのプレゼントも
http://jp.reuters.com/article/wtOddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22075520110707?feedType=RSS&feedName=wtOddlyEnoughNews


ハイテク業界に起きている陳腐化現象は、予想を超える速度で進捗しています。

韓国と韓国企業はその波に呑まれて自壊すると言うのが小誌見解です。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-08 02:43

なんとか生きています、江沢民はいざ知らず

江沢民氏死亡説が世界を駆け巡っていますが、小誌としては上海で電力供給制限と言う名の「計画停電」が7月5日に実施されたとの報道に関心が向いていまして、その中にあった「黄渡区」とは如何なる場所なのか、中国語に関しては「没字碑」で訪中時間ゼロ秒の小誌には分かりかねますが、計画停電と言う胡錦濤国家主席の「魔の手」が遂に上海にも及んだことに感慨を覚えていました。

中国共産党結党90周年の行事にも欠席していますし、こりゃあ両雄の最終決戦も近いなと思っていた矢先の死亡説で、生きていても北京(胡国家主席派)の政治攻勢に抗うことは出来ないのではないかと思われます。

となると、次の鍵は「彭麗媛」と言うことになりそうです。

この才女、人民解放軍総政治部所属の少将で、先日の結党90周年式典では、胡国家主席が幹部の腐敗防止を訴えた後の、党幹部列席の祝賀会で美声を披露し、その後は国家主席と首相に挟まれて写真に収まったそうな。

女房も太いが亭主も傲岸で、日経新聞に掲載された共同の写真では、着席している主席と首相の後ろを、資料を手にした副主席殿が歩いている姿が写っています。

序列に厳しい中国共産党の名が泣くというものです。

それにしても序列首位と三位が先に着座して議論の準備をする後ろを、年齢も序列も下位の者が歩いて通り過ぎてよいものか、文化の違い以前の問題でしょう。

女房の少将の所属はお約束の「総政治部」ですが、頼るのは当然陸軍、その全てを女房と亭主で掌握している筈がなく、胡主席とその周囲が「太子党」と軍部を放置するとは考えられません。

2012年秋の「禅譲」に向けて神経質な政局が中国では続きそうです。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2011-07-07 01:54