現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


権力の空白

北朝鮮は「知識人の玩具兼金の成る木」であるらしく、映像媒体に出演しては言いたい放題です、それは構いませんが「少しは予習し、自分なりの意見を調えてから喋れ」と言いたくなります、完璧に「口開けて はらわた見せる ざくろかな」(イザヤ・ベンダサン)状態ですから。


世襲制の良い所は権力(と権威)の空白を生まないこと、国内に複数の権力が並立するのは困難な点が挙げられます。

その典型例が日本で、昭和天皇のご逝去の折、今上天皇即位の儀式が真先に行わ、日本国及び国民統合の象徴の座に空白は生じませんでしたし、その権威と権力も委譲され、国事行為と言う天皇にしか許されない「権利」行使にも支障が発生する隙が生まれませんでした。

北朝鮮の場合、権力の頂点に立ち得る存在は故将軍様の三人の息子ですが、将軍様が三男の大将様を生前の段階で後継者に指名していた以上、そして次男を三男が保護下に置き、長男が中国を流離っている以上、潜在的反対勢力には大義名分もその旗頭もありません。


国家と言う組織はその構成員の大半が「食うや食わず」でも成り立ち得ることは、清朝(=大清)滅亡後に軍閥が跳梁跋扈した中国、同じく大躍進政策や文化大革命時の共産中国、別の国ではスターリンが飢餓輸出を断行して数千万人が餓死乃至は傷病死した1920年代のロシア、日本の歴史を振り返れば応仁の乱以降で戦国大名が成長するまでの無政府状態の時期が証明してくれます。

しかも「服喪期間中」にことを荒立てるのは、あの「儒教風共産主義国家(確か北朝鮮の公式見解では、同国は社会主義でも共産主義形態でも無かった筈ですが、それはさておき)」では最大のご法度ですから、その間に権力基盤固めに成功すれば何とかなります。


中国の安全保障上、朝鮮半島を何らかの形で支配下に置くことは地政学的要請ですが、南北朝鮮(南朝鮮は韓国のこと、これでも保守系論客を自称)いずれもが、形こそ違え中国に刃向かっている状況にあり、それを中国の権力者が許すはずがありません。

「援助漬け」で身動きが取れなくしている北朝鮮はまだしも、日中に対し高圧的態度で臨み、内政の失政を転嫁する姿勢が濃厚な韓国現政権に対する中国側の切り札が、例の「韓国系債券大量買付け」と「あの空母」です。

まだ正式名称も貰えず、従って就航したと発表して貰えない空母ワリヤーグ、報道によれば四度目の試験航行に出発したそうですが、おそらく渤海から出ていないと思われます。

ただ渤海を出れば黄海で、黄海は朝鮮半島西側の海域です。

その黄海(と言うか朝鮮半島沿岸)で中韓の漁船が漁場を巡って争っていますが、仮にこれまでの中国側漁船を「悪質な魚泥棒」だとしても、オンボロ空母(とその護衛艦)が黄海に顔を出した瞬間、「国家公認の悪質な魚泥棒」へと変貌します。

新たな朝鮮戦争の口火を切りたければ、韓国軍はその空母を攻撃、轟沈させれば良いと言う結論になります。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-01-10 16:43

中韓あれこれ

サムスン電子の昨年(2011年)第4四半期(10-12月期)決算では、(ウォン換算で)営業利益が過去最高を記録したそうですが、これに驚いたのは東京と上海市場で、発表とほぼ同時に悪質なデマが流れたこともあってソウル市場はその日も含め軟調な展開に終始しています。

デマは瞬時に嘘だと判明しましたから、その後のソウル株式市場は活況を取り戻して然るべきなのですが、全く盛り上がりに欠けています。

南朝鮮(=韓国、これでも自称保守です)の国民も知っているのですね、サムスンの決算が「粉飾」であることを、そしてその将来が暗いことを。

サムスン電子は2011年を期して国際基準対応型会計手法を採用しましたが、換言すれば2010年までは異なる会計基準に則った決算書を作成していた訳で、そもそも比較の仕様がありません。

現行の会計基準の方が売上高や利益を嵩上げ出来る仕組みになっているのでしょうが、その「魔術」もこれまで、次回からは同一会計基準で比較することになります。


その韓国にあって英仏系金融機関を中心に債券の売却と言う形で「貸し剥がし」が進行しているのですが、その受け皿の形で韓国の債券を購入しているのが中国の官民です。

あの中国政府が慈善事業に手を出す訳が無く、中国国内でも傲岸で報道機関も反日に負けず劣らず反中の韓国を助けるつもりなど更々無く、要は生殺与奪の権利を含め、己の意思であろうと別個の対外的要因であろうと、韓国経済が破綻して債券が紙屑になった時に備え、その時が来たらねじ込む算段だと思われます。

そんなことをしたら「虎の子」の新鋭艦隊が秒殺されますので、韓国に於ける米国の優越権には全く手をつけず、ただ経済的損失の補填、具体的には競合分野における韓国系企業の生産能力削減や企業倒産、そしてサムスンの解体と吸収を呑ませるでしょうね。


中国からすれば、日本は如何に嫌悪感を持ってしまう存在でも先達には違いなく、学ぶべき相手ですが、韓国は地理的な面も含めて邪魔な存在であって手本にすべきではありません。

地政学的には中国の縄張りは北緯38度線まで、それ以南は米国の縄張りであることは重々承知、ただ貸借関係には米国も口出し出来ませんので、損失補填せよと迫ってもそれは米国の中国に対する戦争事由にはなりません。

李明博大統領が近く訪中しますが、その反日姿勢も含めてこってりと油を絞られるのではないかと思われます。


それにしても中国人と言うのは外交が上手ですね、「中国が日本皇太子の訪中を要請」、これは公式発表です。

習近平国家副主席の嫁さん、彭麗媛人民解放軍陸軍少将が来日した際、引き連れてきた楽団観賞に事寄せて、皇太子は少将女史と秘密面談しているそうですが、胡政権からすれば皇太子は反胡勢力に連なる人物と解釈されても仕方の無い言動を執っています。

そんな人物を胡錦濤主席側が呼びつけるには、それなりの理由がある筈で、一つは中国に於ける親皇太子勢力の壊滅した様を見せ付けること、次いで場合によっては廃嫡に手を貸すぞと言う、事実上の引導を渡すことも考えられます。

と言っても今の民主党政権では話が進まないため、一刻も早い倒閣が望まれるのですが、その後に立ち上がる保守系政権は一見すると「親天皇反中国」主義者、つまり「予定を無理矢理ねじ込んで今上天皇に謁見した、無礼千万な習近平なる人物が率いる中国との関係強化は不可」と言える人材が好ましい訳で、最近の中国が「戦略的互恵関係の推進を希望」しているのも、国内外の勢力に対するある種の宣戦布告と言えます。

本日(1月9日)は急反発しましたが、上海株価指数は2,200ポイント巡る攻防戦の様相を呈しつつあり、2,000ポイントの大台割れも視野に入ってきました。

複雑に絡み合う内政と外交、13億の民を養うだけの技量の持ち主は、怖ろしく怜悧です。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-01-09 23:13

もう少しお付き合いを

業界再編成:
中国では政府の手で強引に生産調整が進められていますが、それは構造不況業種(=全ての国内素材産業)の再編成を視野に入れたもので、企業とすれば「吸収」する側になるか「される側」になるかで大違いです。
例えば製鉄業界では推計全国年間粗鋼生産能力の一割弱にあたる7,000万トンの削減を政府は目指していますが、その基準が共産主義国らしくノルマ達成度、ですから市場原理を無視しても増産に走る風景が、鉄鋼業に限らずあちらこちらで出現した訳ですが、流石に内需で消化し切れないので輸出攻勢を掛けることになり、既に日本にも出没しています。
業界再編成には政治的思惑も入りますが、ここまで意外と落ち込まなかったのは生き残りを賭けた「ノルマ需要」があったからで、このデフレ圧力は欧州等に止めを刺すのに充分な規模です。


一人っ子政策の実質的撤廃:
小誌は「一人っ子政策」そのものを旧宗族階級絶滅策の一環と理解していますので、この政策のなし崩し的撤廃は、旧宗族階級代表の顔も持つ胡錦濤国家主席とすれば中国社会の「正常化」への一里塚に過ぎません。


中国は離職率の高い国で、昨年(2011年)は過去最高の18%強だったそうですが、この良く言えば「金銭欲と資本主義に忠実」、有体に言えば「拝金主義」を直すには、やはり代替わりが必要で、日本の終身雇用制を真似する必要は無いですが、「個人の資本と技術の蓄積」が今の日本の繁栄の礎であったのも事実ですから、それを理解するには若い時から日本に「触れる」必要があります。

今の中国は「何故日本はあんな高品質を達成出来るのか」と言う疑問の段階に留まっていて、「兎に角、日本を色眼鏡でなく見てみよう」と言う意識に至っていません、一部消費財を除いては。

歴史がかつての中国の繁栄再来を認めるかどうか、少々際どいと思われます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-01-04 15:45

雑感

例の「空母」ワリヤーグが少なくとも二度の試験航行を終え、現在三度目の船出中とか。

以前から訝しく思っていたのですが、あの誇り高き中国人がワリヤーグと言う横文字の旧名のまま就航させている理由がやっと分りまして、正式名称は「正式就航時に発表する」、あの空母は未就航だった訳です。

三度も試験航行中で何故「未就航」なのか、まず空母艦載機は可能な限り小型軽量化しなければならないので、性能を犠牲にしなければならず、それは良いのですが空中分解しかねません。

次に離着陸で醜態を披露したら、何のための正式就航のお披露目か分りませんし、旧式船舶である上に「継ぎ足し」をしていますから、電気系統の不具合で母艦が爆発する可能性も否定出来ず、最悪の場合、空中分解した艦載機が激突して母艦が火の海になっては、それこそ面子丸潰れです。

黒海の守備艦隊なんて、機雷も潜水艦もない風光明媚な場所でしか稼動していないのですから、全ての面で脆弱です。

自衛隊の潜水艦なら、たとえ護衛艦を引き連れていても楽々と討ち取るでしょうね。


ミャンマー政府が恩赦を発表、全受刑者が対象だそうで、これでヒラリー国務長官を派遣した米国の顔も立ちますし、「民主化」への第一歩を踏み出すことで、ミャンマーには「非民主的長期独裁国家打倒暴動」は発生しないと断言できます、勿論、北京(胡政権側)の了解済みです。

協商会議の新年茶話会に政治局常務委員九名全員が出席、協商会議がたとえ形式だけでも如何に重要視されているかがうかがえますとともに、その主席、特に名誉主席の地位の高さが推し測ることの可能な出来事でした。

年末に中共政治局が新年の「反腐敗、清廉政治」に向けての手引書を手配、「汚職摘発=政敵追放」の手綱は緩めないと宣言したようなものです。

放送関係者の不正既得権益を潰すためにドラマのコマーシャルを禁止するくらいですから、北京の決意の固さも理解出来ますが、中国伝統の汚職文化の根深さにも驚かされます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-01-03 16:46

挨拶割愛

北の将軍様が死去した際、中国要人(中央政治局常務委員)は二班に分かれて在北京北朝鮮大使館に弔問のため赴きましたが、温家宝首相が率いた方には李克強副首相が随行していました。

祭壇に向かって黙祷している写真が掲載されていましたが、首相を中央に向かって左側後方に李副首相と言う構図でした。

それにしても中国側もえげつないのは、正面から黙祷している写真を撮るためには、写真を撮る当人は祭壇に尻を向けていることになります。

葬式で木棺と参列者の間に割り込んで、参列者の写真を撮るようなもので、非礼極まりない行為なのですが、中国側は敢えて非礼を犯し、北朝鮮側には表立って抗議することすら叶わない現状が浮き彫りになっています。


胡錦濤国家主席と温家宝首相が役立たず共を道連れに勇退し、習近平氏は政治局常務委員ながら協商会議「名誉主席」に祭り上げられたとします。

政治協常務委員に残るのは習氏と李氏、後は政治局員から引き立てられる訳ですが、残りは政治局員から登用されることになります。

李克強氏は国家主席、全人代委員長、首相のいずれかに就任するでしょうから、習氏が名誉職に甘んじた場合、残りの重責は登用組(勿論高齢者は一丁上がり)が占めると言うのが常識的な答になります。

政治局員を分類しますと(但し年長者、女性、少数民族は除く)、

党中央組:
李源潮中央組織部長(中央書記処書記、共青団中央書記処書記)
劉雲山中央宣伝部長(中央書記処書記)

大都市組:
兪正声「上海」党書記(軍事畑)
薄煕来「重慶」党書記(太子党)

地方組:
汪洋「広東省」党書記(共青団出身)

国務院組:
王岐山(国務院副首相)


この中で政治局員として最も序列が高いのが李源潮氏です。

仮に世評通り習近平氏が後を襲ったとしても、周りは敵だらけで身動きが取れません。

ですから来年秋までかその後かは兎も角、引きずり降ろされると思われます。


本誌予想その1は、「李源潮国家主席、李克強全人代委員長、王岐山首相」。

難点は李源潮氏に政治局常務委員の経験がないこと、この人物が政治局員止まりで李克強氏が政治局常務委員なのか、年齢も李源潮氏が年上で、胡錦濤国家主席の信頼が厚いから組織部長(=人事部長)の大役を仰せつかっています。

しかも日本と独自のパイプを持っていますし、長年の組織部長の経験から各細胞の党書記の人事権は全てこの人物が握っています、軍を含めて。

この案のもう1つの問題点は「団派色が濃すぎること」。二人の李さんは中央の共青団で最高位に就いています。


ならばこれが案外しっくりとします。

「温家宝国家主席(繋ぎ役)、李克強全人代委員長、王岐山首相」そして将来の国家主席含みで「李源潮中央委員会総書記」。

この体制の最大の利点は、温家宝氏が習近平氏に睨みを利かせ続けた挙句に抱き合い心中出来る点で、有象無象の政治局常務委員を道連れにするのは胡国家主席一人で充分だからです。

これですと長年の同氏温家宝氏に名誉を与える形でその労苦に報いることが出来ますし、実権(最終決定権)は李源潮、国家の顔は李克強、実務は王岐山と言う分担も可能です。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2012-01-01 15:46