現代中国考


現代中国に独自の観点から考察を加えます
by 4kokintou
お気に入りブログ
真説「春秋」
真説「論語」
真説「孔子」
現代の超克
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


最近の記事から

上海に置かれた「自由貿易試験区」ですが、日経によると資本が無くても登録出来るそうで、ですから零細企業でも取引に参加出来る点で、従来の「経済特区」と様相を異にしています。

小誌の見方が正しければ、「試験区」は団派の縄張り、旧来の党幹部の利権の源泉だった「経済特区」を枯らすのがその目的とすれば、零細な個人や企業の参加を認めたのは当然のことで、換言すれば「特区」の方は党(地方)幹部やその縁故者しか近寄れない所だったと言えます。

その「試験区」を国務院(表向きはそうですが、団派の次期総帥たる李克強氏が国務院総理を務めているのですから、実質的には団派が仕切っています)は中国全土に設置する方針だそうで、おそらく悉く「特区」の設置されている場所に「試験区」も置かれることになると思われます。


福田元首相が習近平国家主席と極秘に会談したことを認めましたが、親しい間柄なら兎も角、東夷の元宰相に中華の現職国家主席が会う必要性は何処にもありません。

但し、嫌々でも会談しなければならない立場に追い込まれていたとすれば、そして発言内容まで事細かく指示されているとすれば辻褄は会います。

そう、胡錦濤「長老」の指図で、習国家主席も断り切れない状況に陥ったものと思われます、ですが意地でも「日中戦略的互恵関係」には触れなかった様子ですから、習近平主席も依怙地なところがあります。


この組織には日曜祝日が無いのかと嘆息するのが、王岐山政治局常務委員率いる党中央紀律検査委員会、相変わらず「重大な規律違反(=汚職)」で全国の党地方幹部を取り調べていますが、今回は独フォルクスワーゲンとの合弁企業の現職及び元中国人幹部を「重大な法律違反」で調査しているとの由、どうもこの用語が意味するのは表向きは「カルテル(価格吊り上げ)」ですが、真意は脱税、汚職の方は横領でしょう、どっちがどう違うのか、小誌にも計りかねますが。

その中国の今年上半期の粗鋼生産量が発表されましたが、過去最高の4億トン越えを記録したとはいえ、伸び率は前年同期比3%、3.98億トンから4.10億トンの微増に留まりました。

その内、輸出は約1,000万トン増の4,100万トン、と言うことは国内向けは実質微減と言うことになります。

因みに生産能力は年間11億トン、今年の実績は8億トン程度に留まる見通し、その内のどの程度まで輸出に回されているかは不明ですが、東南アジア市場で値崩れが留まらないほどの大攻勢であることは間違いなく、これも鉄鋼生産国の韓国にまで売り込んでいると言いますから、余程の値段を提示しているとみて間違いありません。

際立つのやはり李克強総理の手腕、地方政府が設備を新設或いは増強するのは勝手、但し作らせない方針を堅持しています。

その一環として投資ファンドの貸し出し規制にまで着手しているのですから、各地の地方政府は何時か資金が底を突く、そこで公的資金を投入し、過剰生産能力を廃棄する一方、腐敗役人と無能党員を処分する、これが基本戦略と思われます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-27 23:02

言葉無き意思表示

9月に仁川で開催予定のアジア大会に、北朝鮮が270名を超える選手団(役員を含む)を派遣すると韓国側に通告していたとの由、何でもない話に思われますが、意味深長でもあります。

まず金正恩第一書記が朴槿恵大統領に対して強い敵意を抱いていれば、大統領の得点になりかねない行事には冷ややかである筈で、これに大規模な選手団を送ることは、第一書記が大統領を敵視していないことを暗に示しています。

それと、270名強の選手団は北朝鮮にとっては大規模、少なくともその日暮らしの国家には出来ない相談です。

つまり北朝鮮は潤っていると言わぬまでも、窮乏している訳でもない、ここで注目すべきは習近平国家主席は明らかに「反北朝鮮」、未だに訪朝していませんし、国境貿易を厳しく監視すべく注力しています。

にもかかわらず北朝鮮にゆとりがあるのは、習近平主席とその周辺の手が届かない胡錦濤「長老」派が援助しているから、その背後に日本(安倍政権)が存在するのは論を俟ちません。


その胡「長老」派に属する李源潮国家副主席(党内ではヒラの政治局員)が日中関係改善に言及、「両国間の戦略的相互信頼」の回復を訴えました。

日中間には「戦略的互恵関係」が存在しますが、これに決して触れないのが反日姿勢も顕わな習近平国家主席、それを「団派本流(中国共産主義青年団中央書記処書記経験者)」で国家「副」主席の李源潮氏が遠回しに、「戦略的相互信頼」と言う表現で戦略的互恵関係の再建を仄めかしました。

これに歩調を合わせるかの如く、中国による尖閣諸島領空及び領海侵犯は激減、表向きは兎も角、誰が中国外交を舵取りを担っているのか、国家主席と副主席のどちらの発言に重みがあるかを考えさせる出来事となりました。


腐敗官僚(裸官)が中国には150名いるそうな、国務院公安省の話ですから、数字は眉唾物ですが、そんなことより戸籍が一本化される方向にあることは、制度上の差別を撤廃するうえで好ましいことです。

「農民戸」と「非農民戸」の存在は、農民に不利益なだけでなく、様々な搾取の口実になっていましたから、それこそ腐敗官僚の不正蓄財の源泉でもあった訳です。

これも国家主席殿の与り知らぬこと、「傀儡」でも最高権力者になりたかったのでしょう。


鄧小平生誕110年を記念して、同氏を題材にしたテレビ番組が放送されているそうです。

生誕100年(2004年)の時は、胡錦濤国家主席(当時)の権力基盤がまだ弱く、48回ドラマを作るには時間的余裕もなかったのでしょうが、取り上げる期間は1976年(例の四人組失脚)から1984年の改革開放までで、ある意味無難な時期に限定していますが、生涯の内の12年間を48回に分けて放映するのですから、内容は結構濃厚でしょう。

そして110年と言う中途半端な時点で放送するのは、団派を初めとする胡錦濤「長老」派の意向、1976年ならば毛沢東も周恩来も描く必要がありませんし、第二次次天安門事件も取り上げる必要がありません。

つまりこの12年間は出演者が限られています。

江青女史や陳雲元副総理などがどの様に描写されているのか、興味のあるところです。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-26 23:48

虎と蠅

習近平国家主席はその就任の際、「虎も蠅も叩く」と言った表現を用いて汚職撲滅に意欲を示しましたが、家族で邦貨換算330億円も蓄財している習一家こそ、その国家主席兼党総書記と言う立場からすれば、金額はさておき、これ以上ない最大の「虎」です。

にもかかわらず、斯くの如き大言壮語が出来るのは「不逮捕特権」を取り付けているから、相手は勿論、胡錦濤「長老」であり、具体的には王岐山政治局常務委員率いる党中央紀律検査委員会の訴追対象から外すことで手打ちが成り立っていると、国家主席殿は考えているのでしょうが、それは甘すぎます。

紀律検査委員会が周永康「長老」(前党中央政法委書記、前政治局常務委員)を拘束したことで、「虎退治」は一件落着した感がありますが、それはあくまで見かけの話、委員会による取調べは周「長老」失脚後も続いています。

つまり「虎」は一匹ではなく、しかも周永康氏ですら「小虎」かも知れず、小誌の見立てに誤りが無ければ、「中虎」は李長春「長老」(前党中央精神文明建設指導委員会主任、前政治局常務委員)、「大虎」は李鵬「長老」(元国務院総理、元政治局常務委員。但し体調を崩しているのでその点は微妙)、そして「特大虎」は言わずと知れた江沢民元国家主席です。

留意すべきは、習近平国家主席はこの「流れ」の中に入っていないんですね、幸か不幸か。

この人物、上手く行っても一期五年でお役御免になるのではないか、任期途中で「一身上の都合」にて辞任する事態すら想定しておく必要があると思われます。

この11月の中間選挙で「盟友」オバマ大統領は間違いなく「死に体」になりますし、習国家主席の「タニマチ」東南アジア系華僑も干され、国内では地方党幹部が資金面で首が回らなくなります。

華僑も地方党幹部も、不動産と金融商品(理財商品)に資金を注ぎ込んだのは良いとして、次に待っていたのが李克強国務院総理による財政緊縮政策と金融引き締め政策、これで地価は下落し金融商品は紙屑となり、要は膨大な資金が塩漬けになっています。

そして2016年の米国大統領選挙では、間違いなく「親日反中大統領」が誕生しますから、遅くともこの時点で習近平主席の立つ瀬はなくなるのです。

しかも「失脚させる値打ちすらない」のですから、裸の王様にしておいて、それでも辞めないのならと言うのが胡錦濤「長老」の考え、だから何時でも覆せる「不逮捕特権」を与えたまでで、どうせなら江沢民「長老」の方が大いに値打ちがあります。

江「長老」を失脚させることは、「元最高指導者」を撃つと言う意味で、それだけの価値があり、過去に「国家主席兼政治局常務委員」で政治的に抹殺されたのは、団派の大先輩劉少奇、胡「長老」は文革期に劉少奇元国家主席に浴びせられた罵詈雑言(Wikiによると「叛徒、内奸、工賊劉少奇」、或いは「党内に潜んでいた敵の回し者、裏切り者、労働貴族」)と同様の恥辱を与える必要があります。

ただ、江「長老」は汚職で抹殺することが出来ても、その先にある毛沢東を汚職の罪であげつらうのは無理がありますし、ここはやはり劉少奇が受けた屈辱と同程度の罪状を明示する必要があります。

とすると「スパイ容疑」、最終的にはこれで名誉剥奪に挑むのではないか、スターリンのソ連か大英帝国かは別として、「本性を隠してのし上がり、中国全土を疲弊させることに専念した」、これで「建国の父」の立場から引き摺り下ろすのが最終目標と考える次第です。


中国の汚職摘発に敏腕振るう王岐山氏、調査は容赦なし
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580105271023815584

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-25 23:17

面子 ~この厄介な代物~

「反日の系譜」あれば「親日の系譜」ありで、親日には二つの潮流があります。

一つは列強の植民地だった国で、ビルマ(今のミャンマー)で日本は軍政を布いて統治していたにもかかわらず、今に至るも親日的です。

裏を返せば、宗主国だった大英帝国の収奪と横暴は、大日本帝国の軍政を遥かに凌ぐ酷薄なものであったと言えます。

それを可能にしたのが「白人絶対優位」の考えですが、太平洋戦争で「白色人種を黄色人種は打倒し得る」ことを証明したのが、他ならぬ日本で、しかもその統治手法がかつての宗主国よりも概して穏便なのですから、どちらをお手本にして良いかは贅言を要しません。

もう一つの流れは、特に中国における親日勢力で、その根底には「どうして日本よりも戦争が下手で国家経営も拙劣なのか」と言う問いかけが存在します。

これも換言すれば、「中国は日本より決定的に劣っている部分がある」ことを認めることになりますが、その時に邪魔をするのが面子、我が国は戦勝国で日本は敗戦国だの、中国が100万の日本軍を引き付けていたことが連合軍の勝利に繋がったの、どうしても日本より上に立ちたいのです。

日本軍を引き付けたと言うが、要は国土が「蹂躙」されるのに任せただけの話、しかも日本の占領下にあった1937年から1945年と、それ以降の国共内戦期(~1949年)と、その後の共産主義中国建国以降を比べた時、中国国民にとって最も幸せだったのは間違いなく「日本占領下」です、それ以前の時期も含め。

ですから中国で親日的であることは、それが許されるかどうか以前に、深刻な心理的葛藤をもたらさざるを得ませんが、では面子を保つ側も無傷ではいられるかと言えばそうでもなく、あれだけ搾取された大英帝国とは「連合軍の一員」として仲良くせねばならなくなりました。

中国は長らく大英帝国に蹂躙されていましたから、本来なら真っ先に噛みつくべきはこの「宗主国」なのですが、何せ負け犬根性が染みついていますから、「日本の優位を認める」と言う劇薬を呑むくらいなら、格下でも戦勝国にして貰う方が心理的に楽です、本当は負い目があるのです。

従って、歴史上「半植民地化された」と称される中国ですが、共産主義中国建国以降も「列強、特に英国に対し心理的に隷属」している訳で、それが中国の「自立=近代化」を阻む要因となっています。

しかも厄介なことに「反日」が国是で、建国当時の中国共産党員の殆どは「大英帝国の走狗」、だから今でも「上海閥」なるものが存在するのです、要は英国の利権代弁者ですね。

そこで毛沢東を如何に「処分」するかと言う問題に逢着する訳ですが、背中を「革命の父」、正面を「建国の父」と言う盾で鉄壁に見えるこの人物にも、弱点が無い訳ではありません。

「中国国民と国家の裏切り者」たり得るか、此処にこれからの中国の歴史の分岐点があると思われます。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-18 18:12

暑さ寒さも

お盆までにして欲しいものです、全く。

特に今年は新盆と言うことで、何かにつけて勝手が狂っていますし、生活の規律も乱れてしまって困っています。


「どうすれば毛沢東を全面否定出来るのか」と言う、我ながら途方もない命題を設定してしまって、それこそ途方に暮れているのが実状です。

そんな訳で、あれやこれやと考えを巡らせている内に浮かんできた言葉が「反日の系譜」、反日感情は米欧型とアジア型に二分されますが、根源は同じです、「優越感の蹂躙」。

中国の一枚看板は「中国が世界一」、これを中華思想と言いますが、西洋列強に殴られ続けられながらも、「アジアでは負けない」との自負が慰めとなっていました。

ところが東夷こと倭(日本)に日清戦争で思わぬ敗戦、ここで1840年の阿片戦争から始まった下り坂(小誌で言うところの「退世」)が一気に加速しました。

その転落過程に終止符が打てるかどうかが、今の中国に問われていることなのですが、文明の没落と知的頽廃に何らかの相関関係があるとすれば、中国は重要な分岐点に立たされていると言えます。

「衣食足って礼節を知る」、この箴言は古代中国で生まれたと記憶しますが、今の中国は「転落の期間が長すぎて、上から下まで礼節を忘れてしまった」のが現実だと思われます。

ですからGDPが水膨れしても、むしろ国家経済の規模が拡大するほど、社会不安が醸成されるのは、朝野を挙げて「貪欲」だから、中国が西洋列強に追いついたのはこの分野だけです。

規律も礼節に属すると考えると、日清戦争時点でさえ日本は「衣食は足りない」けれど「礼節は知って」いました。

日本の国家経済が中国のそれを凌駕したのは何時頃か存じませんが、日本は「近代化」でも「礼節」の点でも、清朝以降の中国に大きく水を開けたと言えます。

要は、中国が日本に誇り得るものは何もない、強いて言えば、囲碁と核兵器保有と戦勝国であったことですが、そんなもの、何の足しにもなりません。

西欧列強だって事情は同じ、日本と喧嘩したお蔭で白人絶対優位の信仰は見事に粉砕され、挙句に植民地を手放す羽目に、そして米国と言うご主人様に頭を下げる屈辱を味わうことになりました。

米国も含めて列強が中国を可愛がり、日本を警戒するのは、日本に己と同じ体臭を感じるから、つまり「黄色い肌の大英帝国」だからで、中国は収奪の対象たり得ますが、この島国は列強どころか超大国すら食いかねない猛獣です。

兎に角何にでも手を出して頂点に立ちたがるのが日本人、野球やサッカーでも日本の「跳梁跋扈」が目立ちますが、その分だけ脱落する者もいる訳で、好い加減にしてくれと言うのが本音でしょう。

ですが文句の付け様が無いから黙らざるを得ない、でも沈黙と甘受は別の話で、日本の行動様式は明治維新直後の江華島事件以来、全く変わっていません。

一致団結して延々と努力する、こんな近代国民国家をみたら、誰だって警戒するのですが、それでも白人優越信仰が邪魔して西欧列強は現実を直視することが出来ませんでした。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-14 22:58

口開けて はらわた見せる ザクロかな ~確かイザヤ・ベンダサン~

現代中国史の専門家を称する女性学者が、今回の周永康氏の件で各方面の映像媒体に出演していますが、目立ちたがりの人間は、辻褄が合わないことに無頓着で困ります。

大物「長老」の逮捕劇で国民が溜飲を下げるかどうかと言うことと、共産党中国が亡国に瀕しているかどうかは全く別の話で、「汚職」と「腐敗」すら区別がつかないのですから噴飯物です。

明治維新にしろ、フランス革命やロシア革命にせよ、或いは米国独立戦争にしても、特定の個人乃至は人間集団の汚職を止めさせれば、それらが成就しなかったかと言えば、そんな筈はありません。

逆に自由民主党のしぶとさは何なんだ、党の歴史は「汚職」の歴史と言っても過言ではないこの政党に、国民は戦後政治の大半を委ねてきました。

そもそも、周永康と言う大物が捕縛されたことで、あの中国人が不正蓄財を止めるか、甚だ疑問です。

それから江沢民氏を過大評価し過ぎています、真っ当な中国人ならば、この「漢奸(対日協力者)」の息子を毛嫌いし、馬鹿にしている筈で、誰も江沢民閥の一員だとは思っていないでしょう、要は利用しているだけです。

江沢民氏の抜擢は、鄧小平と陳雲の政争の副産物と言うべきもので、その過程で胡耀邦元総書記を筆頭に、趙紫陽、胡啓立等、国政を担える人材が次々と失われていきましたが、失う側すなわち糾弾される方が鄧小平、攻める側が陳雲と言う構図に変わりはありませんでした。

但し陳雲側も最初から人材は払底、国政を任せる器の人物と言えば鄧小平か陳雲でしょうが、それは互いに許すことが出来ず、結局、「子飼いでしかも脛に傷を持つから寝首を掻かれない」人物として陳雲が持ち出したのが、後に国家主席にまで上り詰める江沢民氏です。

ですから江沢民元国家主席本人に求心力がある訳では無く、ただ入党規定の緩和、外資導入、公害工場の誘致と言った利権ばら撒きで一部の人心を繋ぎとめていたに過ぎません。

ですから江沢民が上海閥の領袖みたいな見方をするのは危険と思われます。


度々ご紹介している中嶋嶺雄氏の仮説ですが、毛沢東は文化大革命に踏み切るにあたって、林彪と周恩来と手を結び、「三者不可侵条約」とでも言うべき取り決めがなされたそうで、要は互いに攻撃しないと言う内容の密約でした。

それでも林彪は最終的に始末され、(批林)批孔運動が執拗に展開されたのは、実は周恩来へのあてこすり(孔子も周恩来も著書が無い)だとすると、毛沢東に密約を遵守する意志が毛頭なかったことが分かります。

ただ、毛沢東(反団派系党内勢力)、林彪(軍)、周恩来(国務院=行政)に標的にされた側の恨みは凄まじい筈で、この三者の衣鉢を継ぐ者は根絶やしにしなければ腹の虫がおさまらないでしょう。

林彪は早々に粛清されましたので、その後継者的存在はいませんが、強いて言えば習近平(現職の国家主席)、父親譲りの地方軍閥を後ろ盾にする様な人物は不要です。

周恩来の場合は養子でもある李鵬、これもその死後に「死者を鞭打つ」方式が取られるのではないでしょうか、周恩来を全否定する意味でも。

厄介なのが、「革命の父」孫文の精神の正統な継承者にして「国家の父」毛沢東、でもこれを全否定しない限り、中国の未来はありません。

江沢民(厳密にはその死骸)がそのための道具に過ぎないのは以前に申し上げた通り、次は「どうすれば毛沢東を全否定出来るか」を検証します、無茶苦茶難しい問題ですが。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2014-08-01 18:38