現代中国考

福田総理訪露

長野の聖火リレー騒動のお蔭で、すっかり扱いが小さくなった福田首相の訪露ですが、報道媒体の扱いが小さいことと、会談の重要性は、また別の話です。

福田総理は現地時間の本日(4月26日)午後、プーチン大統領、メドヴェージェフ次期大統領と「個別に」会談します。

なんで個別なのかと言うと、それぞれの出身母体、つまり既得権益が異なるからです。

プーチン氏は公安出身で、従って俗に言う「武闘派(実情は闇社会)」を養っていかなければならず、基本的に日本からの「援助」を期待しています。

次期大統領は産業界出身なので、経済的絆を強めることに腐心しています。(ですから、入れ替わるように来日しているロシア経済交流団は、額面通りならばメドヴェージェフ氏が派遣したものです)

いずれにせよ、日本の金と技術がなければ、国家が破綻してしまいますので必死です。


福田総理は色々な条件を付けているのでしょうが、

「米国によるイラン攻撃時の中立厳守」

「北朝鮮に関しては一切関与しない、及び関連情報の提出」

これは要求していると考えられます。


福田総理は地味ですが、意外と外交分野を得意としています。

今回、表立った成果が出てくると思われませんが、隠れた成果は大きいとみられます。

(了)
[PR]

by 4kokintou | 2008-04-26 19:34
<< 名族中の名族 韓国も応援する福田政権 >>