現代中国考

攻勢を続ける胡政権

朝日新聞によると、中国の証券取引所に相当する機関が、12万件の株式口座の取引を停止したそうです。

http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200805120195.html

中国に関しては「無邪気な」朝日新聞ですから、発表内容に何の精査を加えないまま記事にしていますが、要はこれ、隠し口座のあぶり出しです。

少し前の日本でも、金持ちは郵便局に複数の口座を持っていましたが、それと同じ性格のもので、政府要人、党幹部、富裕層の隠し口座を狙い撃ちしたものです。

おそらく架空名義ですから、何をされようと文句の言う筋合いのものではありません。

ですが、汚職が常態となっている中国においては、これは大変痛いです。

まず確実に、江沢民派を狙ったものと考えて差し支えないでしょう。


ミャンマー情勢、現地の被災者には同情を禁じえませんが、同国政府の言動には不謹慎ながら、笑いがこみ上げてきます。

ミャンマーは北朝鮮と並んで、数少ない江沢民派寄りの国です。

換言すれば、胡錦濤政権にとっては敵国です。

ですから、重慶を抑えようと躍起になっているのです。(重慶は援蒋ルート、戦争中のビルマルートの終着点であることをお忘れなく)


そのミャンマーですが、「人は寄越すな、物は寄越せ」と言う、援助物資を軍部が着服する意図が明々白々の発言をしていますが、 本音を言えば援助物資も欲しくないです。

なまじ、物資がある方が、暴動の引き金になりやすいからです。

多分、軍内部でも日常に必要な物資の確保に汲々としています。

これは、胡錦濤政権がミャンマーを締め上げているからでもあります。(今回、中国政府はミャンマーに対し、支援のためにピクリとも動いていない点にご留意願います)

ですから、下手に物資を貰っても、場合によっては軍内部で奪い合いになります。

それだけ、政府側も弱体化しているということです。


江沢民利権を胡錦濤政権が締め上げている構図は、アフリカの産油国スーダンも同様です。

ここは内戦中の産油国ですから、石油を買わず、武器を与えなければ良いのです。

スーダンは、江沢民派の利権の塊みたいな国ですから、政権が転覆しても胡錦濤派にしてみれば、痛くもかゆくもないのです。

ですから、首都まで反政府ゲリラに攻撃されるのです。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2008-05-12 17:27
<< 偉いぞ温家宝 自称「保守派」への質問 >>