現代中国考

江沢民の周辺

今回は下記資料の引き写しみたいになりますが、内容の真偽も含めご勘弁の程を。

http://www25.big.jp/~yabuki/doc7/jiang-ze.htm


これを読む限り、江沢民を引き立てたのは汪道涵や周建南で、李嵐清は同じ釜の飯を食った間柄と言うことになります。


汪道涵は死亡時、海峡両岸関係協会会長で、原籍は奇しくも安徽省。1952年に第一機械工業次官に任命されていますが、この「第一機械工業(省)」と言うのが怪しい。

その後、上海市長にまで上り詰めています。


ところで、この中台交流窓口と言うのが曲者と言うか要注意で、確か台湾側の窓口だった海峡交流基金会理事長の辜振甫氏と言う人物は、台湾国民から蛇蝎の如く嫌われていたはずです。

とすると、反対側の汪道涵氏も、あまり高潔な紳士と言えないのではないか、そういう推論が成り立ちます。


それにしてもこの汪道涵、凄いことをしていますね。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~youta/osamu059.htm

国家財政のかなりの部分を上海だけに課する中央も中央なら(多分、四人組を輩出した懲罰なのでしょうが)、秘密(?)の工業団地を作った、この上海市長も凄いです。

でも何故、秘密裏に工業団地なんて作れるのでしょうね。

(続く)
[PR]

by 4kokintou | 2008-06-09 17:38
<< 頭が痛くなる人間関係 本題に戻ります >>