現代中国考

客家 ~正面から勝負~

客家の反対語は何かと問われたら、それは「宗族」ではないでしょうか。

宗族にあって客家にないもの、それは「原籍(本籍)」と「霊廟(宗祠)」ではないでしょうか。

元々北方の住んでいた時は、原籍も宗祠もあったのでしょうが、戦乱か何かの理由で、本籍地が滅ぼされ、「棄市」或いは「屠市」され、霊廟も焼き払われた「元宗族」か、北方にいた頃から「非宗族」階級で、食えなくなって南方に移ったかのどちらかだと思います。

毛沢東の祖先は軍人、つまり「軍戸」で、チベット方面に駐留してチベット系の女性を妻に娶ったそうです、皮肉なことに。

その客家が太平天国の乱以降、或いはアヘン戦争後、俄かに歴史の表舞台に出てきます。


ところで現代中国では、太平天国の乱を大変高く評価しているらしいですが、その理由をご存知でしょうか。

教科書通りの答えは大間違いですよ。

(了)
[PR]

by 4kokintou | 2008-07-22 20:54
<< 税収 情報あれこれ >>